大人の矯正(成人矯正)、歯列矯正の治療に関する情報を提供していく歯列矯正治療専門サイトです。

矯正図鑑〜Orthodontic room〜

世田谷区奥沢5−27−5 魚菜プラザ2F  TEL. 03-3717-4182
【情報提供:矯正・自由が丘歯科室

成人の歯列矯正

大人の方は骨格が完成しているので、歯を抜かないで治療を行える確率は子供時代よりは低くなりますが、それでも歯を抜かないで治療を行える可能性は十分残っています。ぜひ一度、矯正歯科を訪れてください。大人の方の矯正治療の目的は咬み合わせを良好にするという目的のほかに歯を失わないようにするという予防的な意味合いが入ってきます。歯の並びが悪いとしっかり歯磨きを行うことができず、磨き残しが原因で歯周病を誘発します。歯周病が進行すると歯を支えている骨が吸収し、ひいては歯を失うことにもなりかねません。歯一本くらいなくなってもどうということはないとお思いでしたらそれが間違いです。噛み合わせは28本の歯全体が有機的に作用しあってはじめて最大限の働きをします。一本でも失えばその有機体は崩壊し始め、個々の歯は十分な能力を発揮することはできません。歯を失えば残された歯一本一本の負担が重くなってしまいます。人生80年を超えようとしている現代、一生ご自分の歯を活用し、豊かな人生を送るためにもしっかりとして咬み合わせを獲得されてください。できるだけ歯を残すということは今お思いになっていることよりもはるかに年を重ねるごとに重要なこととなることは言うまでもありません。

治療前
成人の矯正症例成人の矯正症例

前歯2本が後退し、犬歯が目立つのが気になるということで治療を開始しました。上あごをクワドヘリックスの拡大装置で拡げ始めました。

成人の矯正症例成人の矯正症例
矢印 治療中
成人の矯正症例成人の矯正症例

ばねも併用してスペースを作っています。

成人の矯正症例成人の矯正症例
矢印 治療後
成人の矯正症例成人の矯正症例

成人の方の場合、がたがたを解消する過程で前歯が前方に出てしまい、横顔の印象が損なわれる可能性があるときには歯を抜く治療を考慮します。この患者さんの場合、良好な横顔が保たれました。

成人の矯正症例成人の矯正症例