歯列矯正の治療に関する情報を提供していく矯正治療専門サイトです。

矯正図鑑〜Orthodontic room〜

世田谷区奥沢5−27−5 魚菜プラザ2F  TEL. 03-3717-4182
【情報提供:矯正・自由が丘歯科室
歯の動く仕組み

難しいクリニック選び

歯列矯正を始めるときには治療そのものへの不安はもちろんあると思いますが、一番迷うのは医師選び、クリニック選びではないでしょうか。治療が長期間になるということもありますし、また、高額な費用がかかるということもあります。途中でやめるなどということがないよう、慎重のうえにも慎重を期したいという思いが患者さまの側にはあると思います。

難しいクリニック選び

信頼できるドクターなり、間違いのないクリニックの基準があるなら、教えてほしいとお思いの方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。それがないがために躊躇され、迷われ、結局はその一歩を踏み出せないでいるという方が多いと思います。

そこで矯正歯科医としてアドバイスできることがあればと考え、私の考える矯正クリニック、矯正医の見極め方を説明したいと思います。これは私の意見であり、それが万能とは思っていませんし、すべてではありません。ただ、医師側からしかわからないこともたくさんあると思います。医師という立場から皆さんにとって有益なアドバイスができればと思います。

大事な歯根膜の働き

学会認定医の中にもレベル差があります

矯正医という特別の資格があるのかといえば、それはありません。歯科医であれば、だれでもできます。ですから、矯正医という看板を掲げれば、明日からでも診療できます。実際には矯正治療の経験もなく、始める方はいらっしゃらないとは思いますが、制度そのものはそういった仕組みです。

学会認定医の中にもレベル差があります

歯科大学で6年間学び、歯科医の免許を取得してからは研修医として1〜2年経験を積み、すぐに臨床医になる人、専攻科でさらに勉強する人、私のように大学院に進み、その後、教職の道を経て臨床の道に進む者などさまざまです。その間、私は矯正を専門にやってきましたが、矯正医になるにはさまざまな道筋があります。

ただ、現在、日本矯正歯科学会の認定医制度という制度があります。以下がその認定医となる条件です。

「認定医の資格は引き続き5年以上日本矯正歯科学会の会員で、学会指定研修機関(歯科矯正学講座を有する大学の附属病院矯正歯科及び学会が認めたその他の機関)における所定の修練を含めて5年以上にわたり相当の矯正歯科臨床経験を有し、学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表し、認定医審査に合格し、登録した者が認定医として認められております」(日本矯正歯科学会ホームページより)

つまり、矯正歯科医の学会に5年以上所属していること、論文を発表していること、5年間の臨床経験があることなどが条件です。学会員には大学に在籍してさえいれば、すぐになれます。また、5年間の経験というのもとくに難しいものではありません。ですから、学会認定医だから、特別な技能を持っているとか、経験があるということではありません。逆に学会認定医の資格がなくても、素晴らしい技術をお持ちの医師はたくさんいます。一応の知識と臨床経験を積んでいるという目安となるものと考えるとよいのではないでしょうか。そういう点で一般歯科医とは差別化はできますが、ただ、認定医の間にもレベル差は当然あるということを忘れてはならないでしょう。ですから、認定医というのは一つの基準ではありますが、絶対的な基準ではないということです。

その資格の有無よりも、最新知識を勉強しているかどうか、ということの方が何倍も大事だと思います。あるいは患者さんのことを真剣に診ているかどうか。その患者さまの訴えにきちんと耳を傾けているかどうかといったことも大切です。

また、将来まで見据えた視点で、トータルな治療法が提示できるかどうかもポイントではないかと思います。そのときどきの場当たり的な治療ではなく、将来にわたり、歯をできるだけ残していけるような治療法であるべきだと思います。

何歳からでも始められます

検査・診断まで進み、治療方針を聞く方法

多くの方は大学病院というよりは、矯正専門クリニックを選んでいらっしゃるのではないかと思います。そうしたクリニック選びのポイントの一つは医師の経験があります。少なくとも1,000名以上の臨床例を持っていることが必要だと思います。あるいは1,000人に満たなくても、症例検討会などに積極的に参加してさまざまな症例に触れていることが大事になってきます。

検査・診断まで進み、治療方針を聞く方法

こうした点を患者さまが見極めることは難しいのですが、直接医師に難しかった症例やトラブルがあったケースなどを尋ねるのも一つの方法だと思います。

患者さまによってはドクターが話しやすい方がいいという方もいれば、話はしなくてもとにかくうまい先生がいいなどその基準はさまざまな部分にあると思います。そういったことは一度足を運んで医師に直接会うことで、かなりわかってくるでしょう。ですから、まずはそのクリニックに行って、ドクターやスタッフ、クリニックの雰囲気を確かめることが重要です。

ただ、それだけでは突っ込んだ治療についてはわかりません。そこまで踏み込んで調べたいという場合は、実際に検査をして治療方針まで組み立てるところまでそこで受けてみるという方法があります。つまり、最終的には歯型をとって模型をつくって、実際の治療方針の説明まで受けてみるのです。それも1件ではなく、数件のクリニックで受けて比べてみるとその違いが明確になると思います。

当院では模型まで作成すると3万円ほどかかりますので、少しお金はかかりますが、そこまで徹底することでより自分に合った医師選び、納得するクリニック選びができるのではないでしょうか。

治療寸前まで診てもらっておいて、キャンセルするのは後味が悪いと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、こちらの作業代については請求した通りにお支払いいただければなんら問題はありません。クリニック側でもとくに心証を害するといったこともありませんので遠慮することはありません。

何歳からでも始められます

非抜歯か抜歯かもポイントに

模型を前にして治療方法などを聞いて、その先生の考え方を聞く場合ですが、注目したいのはとくにその先生がなにを治療の主軸にしているのかといったことです。非抜歯かどうかという点も大事なポイントだと思います。さらに、非抜歯を望んでいたのに、抜歯しなければいけなくなったという場合は、その説明を受けて納得ができるかどうかです。

正しい噛み合わせ

そのほか、治療の間隔(どれくらいの頻度で通えばいいのか)も重要です。歯の動くスピードそのものは医師でも変えられませんが、治療の間隔があまり開きすぎるとそれだけ時間のロスが生じ、治療期間が延びてしまいます。

1回の治療にかける時間もポイントです。私のところでは少なくとも、お一人の患者さまに対して一時間以上はかかります。ワイヤーの調整のほかに毎回クリーニングも行うのでそれくらいはどうしても必要なのです。

また、さまざまな機材を導入しているクリニックもあれば、自分のテクニックに自信のあるドクターもいるでしょう。

矯正装置についてもさまざまに揃えて、患者さまが自分の好きな装置を選ぶことができるという風にしているところもあるのではないでしょうか。

最近は患者さまの方から、この装置で指定されてくるケースも珍しくありません。たとえば、デーモンという装置がいいと聞いたのでそれでお願いしますという具合にです。治療法を理解されて装置についてもよくご存じであるということは悪いことではありません。確かにデーモンはワイヤーと装置との間の摩擦が少ないので、動きやすいといわれています。ただ、デーモンによってうまくいくケースと、とくにデーモンが必要ではないケースもたくさんあります。また、デーモンを使わなくても、摩擦を減らす方法はあります。ですから、私の場合は高価なデーモンをつけなくてもよい患者さまの場合にはとくにはお勧めしていません。最終的には患者さまの決断になりますが、医師側でもさまざまなスキルを持っていますので、有効なアドバイスも可能です。その辺りはよく相談されるとよいと思います。

何歳からでも始められます

人にかける診療時間でわかる

流れ作業的になり、ワイヤーは衛生士さんが変えているといったところはあまりお勧めできません。

正しい噛み合わせ

たくさん患者様が来ていれば、よいクリニック、うまいクリニックというイメージを持ちがちですが、そのへんが難しいところで、院長先生が経営に熱心で、治療がおろそかになっていたりすることもあります。あるいはいくつも副業する先生、学会に出ることに命を燃やしている先生もいらっしゃいます。そうするとどうしても患者さまのことは二の次、三の次になり、治療は当然荒れてしまいます。そのへんの見極めは難しいといえますが、一人にかける治療時間や院長先生が実際にどれくらい患者さまを診ていらっしゃるかといったことがポイントになると思います。

何歳からでも始められます

生涯を見据えた治療のストーリーがたてられるか

正しい噛み合わせ

結論として、私が考えるよいドクターというのは、患者さまのニーズを的確に把握できて適切な治療を提示できるかどうかだと思います。そして、あまり焦った治療をしないということです。なんでも今すぐにやりましょうとか、すぐやりましょう、今を逃すとできなくなりますといった脅し文句のようなことを言う医師は患者さまのことを第1に考えていない証拠です。

歯というのは生涯にわたって必要なものであるという考えのもとに、治療のストーリーがたてられるかどうかだと思います。私が歯を簡単に抜かないということの基本もそこにあります。親知らずも抜かずに残しておけば、将来、使うことができます。それだけでなく、歯の本数が少ないと、噛む力がそれだけ弱くなります。

ですから、親知らずといえども、簡単に抜いてしまうことはしません。いったん抜いてしまった歯は元に戻すことはできないのです。ですから、慎重のうえにも慎重にと思っています。