歯列矯正の治療に関する情報を提供していく矯正治療専門サイトです。

矯正図鑑〜Orthodontic room〜

世田谷区奥沢5−27−5 魚菜プラザ2F  TEL. 03-3717-4182
【情報提供:矯正・自由が丘歯科室
歯の動く仕組み

患者さまの状態をお伺いします

患者さまの状態をお伺いします

治療を進める上で問診表から、患者さまの治療の目的やご希望など参考にさせていただく事項を確認します。

歯の動く仕組み

初診

患者さまのお口の状態を拝見し、患者さまのお口のお悩みやどのようになりたいかなど、ご意見・ご希望をお伺いします。必要に応じてレントゲン等の資料を取ります。

歯の動く仕組み

精密検査

精密検査

歯型、虫歯の有無、歯科治療の状態、歯ぐきの検査を行います。装置を装着することにより、虫歯のリスクが高まりますのでサリバテストという虫歯菌の検査を行うこともあります。顎関節の不調和をお持ちの場合にはCTやMRIの検査を行います。また、治療のゴールを患者さまに確認していただき、また治療方法の適正さを検証するためにセットアップモデルを作成します。

歯の動く仕組み

コンサルテーション

コンサルテーション

患者さまのご希望に沿った治療方針を立案します。患者さまのご意見をお聞きし、一方通行の治療は行いません。

歯の動く仕組み

治療スタート

平均して一ヶ月に一回程度の通院間隔となります。器具の調整とともに、歯石の除去やフッ素塗布など予防処置を行います。歯周病のチェックや虫歯の有無なども平行して行います。

歯の動く仕組み

装置除去

待ちに待った装置の撤去です。ただ、これからがきれいになったお口の状態を維持していく大事な時期です。気を抜かないでがんばってください。

歯の動く仕組み

保定、経過観察

保定、経過観察

リテーナーという装置を用いて、位置の変わった歯がその場所で安定するまで様子を見ます。歯の周りの骨や軟組織が新しい環境になじむためには、最低1年はかかるといわれています。この時期に装置をまったく使わないと後戻りを起こし歯並びが乱れてきますので注意が必要です。