歯列矯正の治療に関する情報を提供していく矯正治療専門サイトです。

矯正図鑑〜Orthodontic room〜

世田谷区奥沢5−27−5 魚菜プラザ2F  TEL. 03-3717-4182
【情報提供:矯正・自由が丘歯科室
顔の輪郭も変わります

歯列矯正で顔の輪郭も変わります

いまや、小学生や中学生が矯正装置をつけている姿は珍しいことではありませんし、タレントをはじめ、文化人、スポーツ選手で矯正をする人たちが話題になることもあります。歯並びを治すことで、口元がきれいになることはもちろんですが、口元だけではなく、容姿全体にも影響を与えます。というのも歯並びを治すことは噛み合わせを治すことでもあるからです。噛み合わせが変わればあごの筋肉の使い方が変わってきます。あごの筋肉の使い方が変われば、顔の輪郭が変わるということであり、容姿が変わってくるということなのです。

それだけではなく、歯と歯肉、そして噛み合わせの影響は実は体全体に深い関係があるのです。

生まれつき完璧な歯並びの人はいない

生まれつき完璧な歯並びの人はいない

歯並びを気にしていらっしゃる方は実は非常に多いと思います。完璧な歯並びの方はほとんどいらっしゃらないと思うからです。ただ、実際に治療を始める方はその何割の方しかいらっしゃいません。というのは、矯正治療についてあまりよくご存じではないということが一つあると思います。それと、歯並びは見た目に気になるだけで、とくに健康や身体全体に関わることということをご存じない方が多いということもあるのでしょう。それから、文化的に日本という国の中では歯並びに関してはわりと鷹揚な国であるということがあるかもしれません。

日本とは正反対の国といえるのが、アメリカです。アメリカでは笑顔をとても大切にする国であり、白い歯がきれいに並んだ口元をなにより美しいとする国です。ですから、矯正治療についても先進国であり、小さい頃から治療するのが当たり前と言うくらい矯正治療が浸透しています。治療しないで放っておけば、ひどい歯並びになってしまうということがわかっているからです。そうなったらたいへんとばかりに小さい頃から矯正治療を始めて、大人になってからも口元の美しさを維持することについては、たいへんな気の遣いようです。最近はホワイトニングがブームで、皆、白いきれいな歯をしています。歯並びが良いだけではなく、さらに白さという点が加わり、完璧を目指しているようです。

アメリカでは矯正治療は親の義務の一つ

アメリカでは矯正治療は親の義務の一つ

日本国内では歯並びについては非常に鷹揚なところがあって、見てみないふり、あるいは八重歯なども愛嬌と捉えてきたところがあります。

しかし、ひとたび欧米社会に行ったときには様子は違ってきます。歯並びは身だしなみの一つということはもちろんですが、その人の家柄や育ってきた環境、教養や文化的な背景までを示すものとして捉えられているのです。日本では歯並びと人格的なものとは切り離して考えますが、欧米では歯並びからすべてを類推するといった風です。

つまり社会の一つのルールとまではいいませんが、そういった要素を持ったものとして重要視されていることがわかります。

日本では子供に最高の教育を与えたいと、親御さんたちは学校選びから塾選びから、ほんとうにたいへんな努力をされていらっしゃいます。それには頭が下がる思いですが、欧米では教育が重要であることは日本と同様ですが、同じ比重で矯正治療を捉えています。親が子供にしてあげられることとして、教育に加えて歯並びを治すということも親の義務として考えているのです。歯並びが悪いまま、社会に出るということは非常に恥ずかしいことと捉えているのです。

海外に行くことも少ないし、ましては海外で仕事をするわけではないからいいではないかとお思いの方も多いと思います。確かに皆が皆、海外に出て働いたり、生活をしたりといったことはありません。そういった方々はまだまだ少数派といえるでしょう。しかし、日本の中だけにいたとしても、外資系の企業はたくさんありますし、海外の方と接する機会も多いはずです。

英会話の教室もたくさんあり、通っている方も多いと思います。ビジネスマンをはじめ、若い女性の英語熱は非常に高くなっています。英語を話す機会を持ちたいと思っていらっしゃる方も多いでしょう。その際、口元というのはやはり気になるものです。よく、日本の女性は口元を手で隠して話をされたり、笑ったりしている方を見かけますが、できれば堂々とお話されるに超したことはありません。とくに海外の方と対等にお話をしようと思ったときに、歯並びが気になるということではそれがハンデになります。いくら英会話を一生懸命勉強して、きれいに話せるようになっても、いざ、欧米の方を目の前にしたときに口元が気になって堂々とお話しできない、ということではもったいないと思います。その方の努力を最大限活かすという意味でも、不安材料は取り除いておいた方がよいのではないでしょうか。

笑顔は国際社会のパスポート

笑顔は国際社会のパスポート

日本人の国際化に、意外にもこうした容姿のうえでのコンプレックスが無いとはいえません。歯並びを整えてきれいな笑顔で対応することができれば、相手に好印象を与えることは間違いありません。会話の上手下手よりもやはりその人の笑顔によって、相手とのコミュニケーションがうまくいくということの大前提でもあると思うのです。

笑顔は異文化コミュニケーションに際しての、最大の武器だと思います。その武器である笑顔を磨くことは、非常にメリットがあることです。笑顔は国際社会を歩いていくときのパスポートです。

異文化コミュニケーションに限らず、これは日本人同士のコミュニケーションでももちろん、基本は同じです。笑顔のコミュニケーションによって、より豊かな人間関係が育まれます。笑顔が人と人を結びつける役割を果たしてくれるのです。

のびやかで屈託のない笑顔は見ている人を和ませてくれます。幸せを運んで来てくれるのです。笑顔がどれだけの人を幸せな気分にさせてくれることでしょう。

もちろん、内面を磨くことも大切です。ともすると表面の美しさだけに捕らわれがちですが、内面はつねに表情となって外側に現れます。いじわるな人はいじわるな顔になり、高慢な人は人を見下したような表情になるものです。

内面もそして外側も磨いて、より内面の美しさが引き立つようにと思うことは決して悪いことではありません。お化粧やヘアスタイルをアレンジしたりすることもそうです。歯並びについても同様です。とびきりの笑顔にすることができるのですから。むしろ、歯並びのせいで笑顔の美しさが半減してしまうということはとても残念なことだと思うのです。せっかくの内面の美しさが外側にうまく表現されていないのはもったいないことです。あなたの美しさを100%、いえそれ以上引き出してくれるのが矯正治療だといえます。

歯列矯正で若さを取り戻す

歯列矯正で若さを取り戻す

私のところの患者さまで、90歳のお母様の介護をしながら、その間を縫って治療に来られる方がいます。69歳の男性の方です。ここ数年はこうした40代、50代、60代といった中高年の方が増えています。それだけ、歯の重要性を理解されていらっしゃるのだと思ってうれしく思っています。

また、70歳代の女性の方ですが、毎回きちんと通われていた方なのですが、あるとき、お休みされたのでどうしたのだろうと心配していました。お電話をしたところ、お亡くなりになられ、お葬式だったということでした。言葉に詰まり、悲しいことでしたが、最後の最後まで矯正治療に通われていたということで心打たれるものがありました。その方にとっては最後まで治療してもらいたいところが歯列だったのだと思います。そのほかはとくにお悪いところもなかったようです。通うことが心のハリにもなっていらっしゃったのではないかと思います。

女性の方は、「昔は私は歯がきれいだったのよ」と懐かしそうにおっしゃる方が多いのです。そういう方は歯がだめになることで気落ちされ、一気に老け込んでしまうようです。それではいけないと矯正治療をして、また昔のようなきれいな歯列を取り戻したいと来院されます。治療が終わって、装置をはずしてきれいな歯並びをご覧になると、若いときに戻ったようだととても喜ばれます。

矯正治療によって、若さを取り戻し、気持ちまで若返ることができるのだなあと実感しました。

コンプレックスが解消し、人生に前向きになる

コンプレックスが解消し、人生に前向きになる

きれいな歯列と正しい噛み合わせになると、人は精神的にもずいぶんと変わります。治療を終えた方というのはほんとうに明るく変わられるということなのです。表情まで一変するのでほんとうに驚くばかりです。最初は非常に静かで控えめなかんじの方が、治療が終わる頃には、笑顔が多くなり、うつむき加減だった方も顔を上げてしっかりとこちらをみつめてくださるようになり、ほんとうに表情に強さが出てきます。

自信を持つということはこれほど人を変えるものかと、いつも驚かされます。逆にいうと、いままでその人のコンプレックスがいかに大きかったかを物語るものだと思います。そのコンプレックスが、その人の輝きを曇らせていたのです。

小さなことだと思われるかもしれませんが、こうした小さな変化が新しい出会いや出来事を生みます。その積み重なりが、つまりはその人の人生を決めているといっても過言ではありません。その1つひとつを大事にしていけば、おのずと道は開けます。笑顔の美しさは本人の自信にもなり、また、対人関係においては大きなアドバンテージとなるといえます。

人はさまざまなコンプレックスを抱えて生きていきます。コンプレックスをバネに頑張って成功した人たちもたくさんいます。コンプレックスは人を成長させる源ともいえます。

ただ、コンプレックスを解消する手段があるならば、それを利用することも大切なことだと思うのです。心の負担になり、性格をねじ曲げてしまうようなものであるならば、無いにこしたことはありません。

もともと美しい歯並びで生まれてくる人は、今の時代、ほとんどいないといっていいでしょう。その程度の違いであるに過ぎないですが、それが目立つ方の場合はやはり、深刻な悩みとなります。歯並びに関しては本人だけの努力ではどうすることもできません。私たち矯正医がお手伝いすることで初めて治すことができるのです。

コンプレックスを解消することで人生が開けるということは本当のことだと思います。これまで悩んで悩んで悩み抜いてきた方だからこそ、それは劇的な変化を遂げるのだと思います。

人生に積極的になり、いろいろなことにチャレンジされるようになる方が多く、営業の方であれば、成績もアップされるということがあるようです。また、矯正治療のあとに良縁に恵まれる方が多いことも事実です。その方がきれいになられたからなのか、自分に自信をもたれたからなのかはわかりませんが、たぶんその両方の相乗効果によるものだと思います。

さまざまな意味で、矯正治療が果たす役割というのは大きいものだと今更ながらに思います。