歯列矯正の治療に関する情報を提供していく矯正治療専門サイトです。

矯正図鑑〜Orthodontic room〜

世田谷区奥沢5−27−5 魚菜プラザ2F  TEL. 03-3717-4182
【情報提供:矯正・自由が丘歯科室
歯並びと噛み合わせを正常化します

歯並びと噛み合わせを正常化します

歯は上下の歯がきちっと噛み合うようになっています。1本1本の歯の形状、凹凸が上下でしっくりと合わさるようにできているのです。また、歯列はU字型をしており、隣り合う歯がお互いに支え合うことで全体で非常に丈夫な構造になっています。アーチ型の橋やアーチ型の丸い天井をした建物を見たことがあると思いますが、アーチ型にすることで上から大きな力には非常に強い力を発揮します。

同じように歯列もアーチ型に並ぶことでお互いが支え合って強い歯列をつくっているのです。

歯列模型

ただ、歯が抜けたり、歯列がガタガタだと支え合う力も弱くなります。さらに上下の歯列がしっかりと噛み合っていないと、歯を宙づりの状態になり、ぐらついてきます。

歯列矯正ではこうした乱れた歯列を正しく並べ、噛み合わせを正しくすることで、本来、私たちがもっている咀嚼機能を取り戻すという働きがあります。上下左右の歯がしっかりとスクラムを組むことで、効率よく咀嚼できるようにします。

矯正治療をすることで、それまで噛むということにどこかに違和感があったり、不自然なかんじだったという人もしっかりと噛みしめることができるようになります。

精神的にも安定して集中力や忍耐力が高まる

精神的にも安定して集中力や忍耐力が高まる

噛むということは、不思議なものですが、ストレスを逃す役割も果たしています。野球選手でガムを噛みながらピッチングするという人がいますが、これは緊張をほぐす役目があるといいます。小学生の頃にやたらと鉛筆を噛んだ経験はありませんか。これもストレス発散行為なのでしょう。

歯並びが悪いと噛むという行為がしっかりできませんから、ストレス発散がうまくできなくなり、精神状態も不安定になりやすいといえます。

矯正治療によってしっかりと噛み合わせることができるようになると、精神的にも安定し、集中力や忍耐力も高まります。特にお子さんの場合には勉学への影響も大きく、噛み合わせが正常化することで学業にも身が入り、成績もよくなるという例をたくさん見てきています。

歯を長持ちさせます

歯を長持ちさせます

歯と歯茎の健康を保つためにも矯正治療は大きな役目を果たしています。というのは虫歯もそうですが、歯周病の原因となるのは歯について歯垢や歯石です。歯垢や歯石が歯と歯茎の間のすき間(歯周ポケット)に入り込むことで、ここが歯周病菌の温床となり、歯肉に炎症を起こします。歯肉が赤く腫れたり、膿んだりします。この時にしっかり治療して治しておかないと歯周病へと進み、やがては歯槽骨にまで炎症が達し、歯槽骨を破壊していくことになるのです。

この歯垢や歯石がなぜできるのかといえば、歯ブラシの磨き残しが原因です。歯ブラシの際に、歯並びが悪いとどうしても磨きづらい部分がでてきてしまい、それが磨き残しの原因となります。たとえていえば、よく整備されたまっすぐな道路は掃除がしやすいものですが、曲がりくねったでこぼこの道は掃除するにも手間がかかりますし、どうしてもゴミを残りやすくなります。それと同じで、歯列がガタガタであれば、歯磨きに苦労するだけでなく、いくら丁寧に磨いても実際に歯石や歯垢がたまりやすいのです。

歯並びの悪い人はそれだけ虫歯や歯周病になりやすいリスクをかかえているといってもいいと思います。しかし、歯列が初めからきれいな人は、ほとんどいないといって良いので、ほとんどの人はこのリスクを抱えているといっていいでしょう。

そうしたリスクを取り除くことができるのが矯正治療です。歯の重なりやでこぼこなどをなくして、歯槽骨のラインに沿ってきれいに並べることで、歯ブラシもしやすくなり、ブラシの先が届かないような場所もなくなります。歯と歯の間の掃除に関しては糸ヨウジ(デンタルフロス)や歯間ブラシを使います。

もちろん、これだけではどうしても取りきれない汚れがあるので、定期的に歯科医でデンタルクリーニングを受けることが必要です。

なにをおいても普段のケアが重要だといえます。ただ、そのケアをしていく上で、矯正治療によって歯列を整えておけば、それだけ、虫歯や歯周病にかかるリスクが減り、歯と歯肉の健康を維持することができるのです。

歯と歯肉への負担を減らす

歯と歯肉への負担を減らす

地球上には重力があって、すべてのものはこの重力に従っています。樹木や植物などもほかに力が加わらなければ、地面から垂直にまっすぐ伸びていきます。家やビルなども地面に対して垂直に建てます。垂直に建てることでしっかりとその重量を支えることができるのです。歯についても同様で、本来は垂直に生えてしかるべきものなのです。上下の歯が垂直に生えることで噛み合うことができます。横に倒れていたり、斜めになっていたりすると、噛んだときの力が十分に伝わりません。それだけでなく、歯を支える歯肉に負担をかけることになります。

しっかりと噛むには上下の歯列の噛み合う面、つまり歯列の咬合面がなだらかであることが必要です。噛んだときの力を全体で受け止めることができるからです。これがでこぼこしていたり、ある歯だけが突出していると、突出した歯にすべての力が加わってしまいます。ものを噛むときに、前歯で10〜20キロ、奥歯では50〜60キロもの力が加わっているといいます。そんな力が数本の歯にかかったのではたまりません。

歯がきれいに並んでいれば、この力は歯に均等にかかるため、しっかりと噛みしめても歯を痛めません。

歯列のアンバランスをなくし、噛むという人間が本来持つ機能を100%引き出すのが矯正治療です。矯正治療によって効率よく噛むことができるようになると、歯肉やあごへの負担が減ります。噛み合わせの悪さが原因で起きていた身体のさまざまな不調、肩こりや頭痛、腰痛、だるさ、姿勢の悪さといった身体全般にわたる症状も解消されます。

また、食べ物をしっかりと咀嚼することができるので胃腸への負担も軽減されます。

日常生活でのメリット

日常生活でのメリット

噛みしめるということは食事のときだだけではなく、スポーツの時なども大いに関係あります。運動しているときにはここぞというときには奥歯を噛みしめることが多いものです。野球のバッティングもそうですが、テニスのストロークもそうですし、ウエイトリフティングなどもそうです。意識してするわけではありませんが、そうした噛みしめるという動作が自然に行われることで、その選手の持つ力を100%、あるいはそれ以上に発揮できるのだと思います。スポーツ選手で噛み合わせを気にする人が多いのはそのためです。

強い歯

また、噛み合わせをちゃんとしていないと、集中力も低下する原因ともなります。噛むという動作は脳へのよい刺激となって脳の活性化を促します。

しっかりと噛むことで頭がよくなる、というのは語弊があるかもしれませんが、しっかりと噛める子どもは脳の発達もよくなるといわれています。また、お年寄りが入れ歯になって自分の歯で噛めなくなると、認知症が進行するということがあります。“噛む”ということは脳の働きとも密接に結びついており、非常に大事なことなのです。

口呼吸の弊害を取り除く

口呼吸の弊害を取り除く

本来、人は鼻で呼吸しますが、なんらかの理由で口で吸って口で吐くという間違った呼吸の仕方を身につけている方がいます。子どもに多く、いつも口をぽかんと開けている子どもなどがそうです。大人でも同様ですが、朝、起きたときに喉がからからしていたり、喉が痛かったりする方は寝ている間に口呼吸をしている可能性があります。いびきをかくというのは口呼吸をしている証拠です。起きているときは鼻呼吸でも寝ているときには口呼吸になっている人が意外に多いのです。

口呼吸の原因にはさまざまですが、歯列とも密接な関係があります。歯を自然に噛み合わせたときに上下の前歯にすき間があいてしまう開咬や、前歯が飛び出していたり、歯にすき間が多い場合には、唇が閉じにくいために、つねに口が開いた状態になり、口呼吸になりやすいといわれています。また、受け口の方の場合も同様に口呼吸に陥りやすいといえます。

普通、動物は鼻呼吸をするような構造になっており、人間だけが口呼吸を出来る唯一の動物だといわれています。

口呼吸がどうしていけないのでしょうか。

鼻呼吸には、我々は吸い込んだ空気の除塵をするという働きがあります。空気にはホコリやチリといったもののほかにさまざまな病原菌が含まれていますが、鼻で空気を吸うことで病原菌の50〜80%は鼻の粘膜に吸着され、処理されます。口呼吸の際にはこの除去機能がないので、病原菌などもそのまま肺に吸い込んでしまうことになります。

また、鼻呼吸では吸った空気が鼻腔を通ることで冷たくて乾いた空気でも、鼻腔で暖められ、湿度を含んだ状態で、のどまで到達します。加湿が不十分だと肺胞の粘膜になじみにくく酸素がスムーズに吸収されません。

鼻呼吸にはこうした機能があります。これにより、病気になりにくくなり(免疫力の向上)、酸素がからだに十分に取り込むことができます。酸素が多く取りこまれることで、脳も活性化し、体全体が生き生きしてくるといえます。

口呼吸ではこうした機能が働かないため、風邪を引きやすかったり、頭がぼんやりしたり、表情もどんよりとしてすっきりしていないなどの弊害を伴います。

歯列矯正によって歯並びが整うと、口呼吸から鼻呼吸への改善がスムーズに行われケースが多くあります。もちろん、矯正をしなくても鼻呼吸をする訓練をすることで治すことはできます。しかし、やはり、根本の構造を変えることにより、より負担なく鼻呼吸に移行することができるのです。

また、歯列が内側に倒れ込み、舌がおさまるスペースが少なくなってしまうことで、舌が喉の方に落ちてしまい、呼吸がしにくくなるという症状もあります。そうなると、酸素の取りこむ量が減ってしまうことになり、無呼吸症候群という最近社会的問題となっている疾患に結びつきます。

そういった症状を解消するためにも、歯列矯正は非常に重要な役割を果たします。歯列を広げ、舌のスペースをきちんと確保することで、気道をゆったりと確保することができ、呼吸が楽になります。

口腔内の機能は食べ物を噛んで飲み込むということだけでなく、呼吸とも深い関係にあるのです。

あごを治します

あごを治します

身体が大きくなっていく成長期にはあごの骨も成長します。この成長を利用して、あごの骨が小さいという場合には歯がより並びやすいように広げるのです。この治療は骨の成長期にある子供の場合に限りますが、口の中に専用の装置を入れて、あごの発育を促すのです。

逆に受け口で下のあごが上あごに比して大きいという場合は、下あごの成長を抑制する装置をつけることもあります。

こうして、できるだけ自然に歯列を整えることができるようにします。

ただし、成人すると骨の成長を利用した治療することができません。ただ、ある程度は歯槽骨を広げることができるので、それで対応できる場合もあります。それでも厳しいという場合にはやむなく抜歯をして歯の本数を減らすということをします。あるいはどうしても下あごが大きく、上下の噛み合わせがうまくいかないという場合には外科手術によってあごを小さくするということをします。もちろん、本人の希望があればということですが、強い受け口の方の場合にはこうした方法もあります。上顎前突の場合、上下顎前突の場合も同様です。

矯正治療による小顔効果も

矯正治療による小顔効果も

顎関節症にまでは至っていないけれども、噛み合わせがおかしい、違和感があるという方もたくさんいらっしゃると思いますが、歯列を整えてしっかりとした噛み合わせをつくってあげれば、解消するケースが多いのです。

また、矯正治療をした患者さまで、なんとなくあごがほっそりとして小顔になられたというケースも珍しくありません。しっかりと噛み合わせることができるようになると、食事のときもあごの筋肉をしっかりと使ってあごをよく動かすので、あごの周りの贅肉が取れて、すっきりとしたあごのラインになるのです。贅肉が落ちてほっそりするので、小顔効果が得られるというわけです。

人間が本来持っている“噛む”という機能が、歯列の乱れによって妨げられていたわけですが、そのストッパーを取り除くことで、機能を十分に発揮できるようになるといえます。そうなると筋肉もしっかりと働き、発達してきますから、贅肉も取れ、シャープな顔立ちになるのです。

そういった効果も、矯正治療にはあるということがいえます。歯列の美しさだけでなく、あごや口の周囲の筋肉にも影響を及ぼし、その人の容姿全体を、引き上げる効果があるといえます。皮膚のハリなども違ってきます。自分の筋肉を使って皮膚の内側から変えることができるのですから、自然で永続性のある美を手に入れることができるといえるのではないでしょうか。

表情が自然になります

表情が自然になります

歯列が凸凹だったり、上下の歯列が正しく噛み合っていないと唇がうまく閉じなかったり、逆に口を閉じようとして力が入ってしまったりします。

そうした不自然な筋肉のこわばりは表情にも影響を及ぼします。

矯正治療をすることで、こうした筋肉のこわばりを取り除き、自然な口元をつくりだします。これによって、貌の表情がずいぶんと変わります。口元というのは顔のごく一部と考えられがちですが、あごを動かす筋肉の広がりも含めると顔の半分以上を占めるものです。それだけに、矯正治療による効果というのは皆さんが想像する以上が大きなものがあります。

それまではどこか硬い表情であった人でも、治療後は緊張がほぐれることで、より自然な穏やかな表情になります。穏和でありながら、しかし、すっきりとした目元となり、爽やかな印象を与えることが出来ます。

また、正面の顔の印象ばかりを考えがちですが、横顔についても忘れてはならないでしょう。歯列をきちんと噛み合わせることで、それまで下唇が突出していたり、逆に上唇が突きだしていたりして、違和感があったラインもきれいに整って美しい横顔になります。